はじめに

 不動産経営において最重要課題は購入資金の調達です。

 良い物件を見つけても、充分な収入や自己資金を持っていても、金融機関の選び方一つで投資結果は大きく変わります。20年、30年と付き合って行く可能性のある取引先だからこそ、慎重でなければなりません。

  弊社では、お客様の目的、目標、資産状況等を御伺いした上で、弊社でお世話した多くのお客様と金融機関との取引事例を元に、最良の金融機関を御紹介しています。

金融機関や購入物件によって異なる主な融資条件

融資条件 異なる内容
①金利 変動、固定金利、借り方によっても条件が変わります。
②返済期間 木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの建物構造により返済期間が
異なります。
③自己資金の割合 購入物件の担保評価、収益力により割合が変わります。
④所得 所得が無くても事業計画内容により融資をする金融機関もあります。
⑤連帯保証人の有無 多くの金融機関の必須条件、但し諸条件の調整によりクリアも可能。
⑥自宅など、他の資産を担保
  とする資金調達
自己資金不足の場合でも、担保提供により融資を受けられる場合が
あります。

こんな方でも大丈夫 
・収入が少ない・・・・・・・・・収入が無くても買えます!
・自己資金が少ない・・・・・手付金(100万円)が準備できれば大丈夫です!
・連帯保証人がいない・・・その他の条件が揃えば可能です!
・東京都外の方・・・・・・・・北は北海道、南は沖縄までお取り扱い可能です!




CIFO株式会社へのお問い合わせはこちらから